FC2ブログ

ただの石好きyasumi の日常や好きなものの記録。

ソウルギフト・コレクタブル

  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


見た目とキャラクターの、ギャップとバランスの妙。

407123_334267729926635_1951742366_n.jpg

こんばんは~yasumiです。
ああ、また間があいてしまった(>_<)

あのですね、これは書いておこうかな。

私けっこうおもしろい、って言われるんですね。
いいのかどうかは、置いておいて(笑)
きっといろんな意味が、その時々であるんでしょうけど、
「変わってるね」っていうのは褒め言葉と取るので(笑)
まあ面白い、っていうのも、いいほうだろうと概ね思っているんですけど。

それが見た目とギャップがあるらしいわけですよ。
そしてそれも、私はいいことだと思ってきたんですね。
時々、見た目につられて来たような男は、ドン引きってパターンはあったかもしれないんだけども(笑)
(でも自覚なし。。。記憶にあるような出来事になってくるのは、もっと大変な事態を招いた相手のみ←どんな事態やねん笑)

うーん。

それが、年齢を重ねるにつれて、オーバーヒート気味っていうか?(笑)

で、ですよ。

「無理してキャラ作ってるんじゃない?」

って、この前髪を切ってもらってるとき、美容師さん(という表現があっているのか?)が言ったの。

ハイ?って感じではあったんだけど、なんかですね、目指してるところが違うのかも、ってちょっと立ち止まってみた(笑)

そうかそうか、、、そうかもねぇ~~(笑)


でもですね、私十代のころから、基本この路線だったわけ。
っていうのも、「もっと怖い人なのかと思った。」とか「意外にしゃべりやすいよね。」とか、
慣れるまではけっこう言われてきたから。。。
「ギャップ路線」を邁進してきたんですよ。
「私って見た目と違って楽しいヒトでしょ?」的な?

まあ、結婚してた時はかなりそういう意味では異様な路線でしたけど。
(いい嫁、いい母、いい妻、いい娘・・・路線・笑。そりゃ無理だってば!)
 ↑違う意味でギャップあり過ぎ!(笑)


そしてどこをその人が指摘したかったのか、っていうと、

面白くなくてもあなたは十分かわいいよ?

なわけです(笑)←たぶん。


私はどこかで、おもしろくない自分は価値がない、っていう価値観を持っていたんですね。
たくさんたくさん、自分にないところ、ちょっとはあるところ、を拡大していくことでしか、
自分の価値をアピールできない。
もともとの自分を否定することにつながる、その感覚を、大事に育ててきたわけです。

その穴を自分で埋めることをせず、外からもらって埋めようとしているから、
いつまでたっても「飢餓感」から抜け出すことができない。

ああ私、やっとここまで来たんだなぁ、となんだかとっても感慨深い(笑)


さあそれを、次は何に書き換える?


肩の力を抜いて行こうぜ!(笑)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記
  1. 茉莉花茶話
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

検索フォーム

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。