FC2ブログ

ただの石好きyasumi の日常や好きなものの記録。

ソウルギフト・コレクタブル

  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


満たすことができない穴

528041_475122929174447_287280688_n.jpg

わーい、明日は大阪~☆なyasumiですよ。

あーもう寝ないと。。。明日も長い一日になるだろうから。。

確かに、眠くて眠くて・・・な時期は峠を越えたようで、ちゃんと夜も活動ができるように。
与論ツアーレビューを書いているので、そちらがひと段落するといいな~と思っているけれど、もう過去、なんですねー当たり前なのだけど、色々なことがビュンビュン通り過ぎていくようで、噛みしめているような間がないなーというのが正直なところで。

与論へ行って、「贄」の記憶がよみがえったりとかしたことで、やっと

「私って修行系!」

って心から思えた(笑)

私にとって、所謂「苦労」とかって、なんでもないことだったから。
それは当り前のことで、うーん、、ホントはヤダなって学び始めて思っていたけど、
でもやっぱり、それは私にとっては力をくれることだったりもしたのは事実で。

それまではやっぱり抵抗していて、違う違うって否定をしている部分があって、
スピの罠に嵌っていたなー、とか(笑)

「ポジティブでなければならない」
「ポジティブでいられない私はダメだ」

みたいなループに近い。


改めて自分の「どこか」を否定する、っていうことは悲しいなと思いました。
悲しい、、、というか、なんだろう?空虚な感じ?虚無感、、かな?

自分の体のどこかに穴が開く感じ。

そうするといくらどこかからチャージしても、埋め合わせようとしても、詰め込もうとしても、
満タンにすることができない。

満たされることもなく、満たすこともできず。

そういう感覚が欲しい人もいるでしょう。
それを体験したくて人間をしている人ももちろんいるわけで。
きっと私もそのひとり(笑)だった。

感じ切ったら次へ進む。
ああ、この感覚、ってわかったら、それが自分のものになったら、
それを解消する手立ても、それごと手放してしまうコトも、きっとできる。

認めた瞬間に、立ち消える。
すうっと私から抜けて、昇華されてしまう。


そして、私は私でいていいよ、と何度でも自分に言ってあげる。

関連記事
スポンサーサイト

  1. 気づき
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

検索フォーム

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。